恋するも・・・

風俗嬢に告白した。

結果は・・・ダメだった。

ダメだった理由は、僕のことは好きだけど、今は彼氏を作っている時間はないということだ。

お金を貯めたくて必死で働いている彼女は、今は彼氏がいらないらしい。

「ごめんなさい・・・」

と優しく抱きしめてくれた。

僕は・・・泣いた。

はじめてだ、こんなこと。

風俗嬢に恋して、振られて泣いたのは・・・初めてだ。

これが失恋なんだな、とおもった。

こんなにつらいのは初めてだ。

今日は、嫌なこを忘れたい、そう思って十三の性感エステにいって癒されてきた。

誰でもよかったから、指名しないで、とにかく癒し系の子でお願いした。

来てくれたのは、可愛い子だった。

正直、僕の好みの子だ。

十三の性感エステもたまに利用するけど、初めて会った子だ。
彼女の太ももが僕の股間を熱くするけど、僕の気持ちは悲しいままだ。

ただ、僕のことが嫌いなわけではないらしいので、少しほっとした。

風俗嬢恋した僕がいけないのか。

風俗嬢と付き合いたいわけじゃない。

君とつきあいたいんだ。

僕は、他の女性に性感マッサージされながらも、気持ちいいけど・・・彼女のことを考えて胸が苦しくなっていて。

僕は、他の女性に性感マッサージされながらも、気持ちいいけど・・・彼女のことを考えて胸が苦しくなっていた。

昨日までは楽しくて幸せな日々だったんだけど、急に地獄に落ちた気分だ。

こんなことなら告白しなければよかった・・・。

風俗嬢の彼女は社交辞令なのか、本気なのか、「また絶対にきてね・・・」って。

そういっても、ぼくの次のお客さんにも同じことをいってるんだろうか。

・・・いや、彼女に限ってそれはないと思う・・・そう願いたい。

Comments are closed.